女性社員が男子に負けない仕事術を身につけるにはどうしたらいいのか?

女性社員が男子に負けない仕事術を身につけるにはを考えるブログ

業務知識をつける 【2014年5月10日(土)】

仕事関連 仕事する上で人の信頼を得るということはとても大事なことだと私は考えています。当然のごとく、お客様からの信頼を得ることは大切、そして、上司や同僚、後輩からの信頼、はたまた協力会社との信頼関係、これもとても大切になります。

ではなぜ、こういった信頼関係が大切なのでしょうか。私なりに考えたことなんですが、信頼関係がしっかりあるということは=それだけ、仕事を効率的におこなえると思いません。例えばこんなことって身近でおきたりしませんか?お客様や上司に報告書を提出するとします。その報告書は結果を報告するものだと仮定します。

信頼のない人がその報告書を提出した場合、その報告内容の根拠はどうなんだ?これはどうなっているんだ?という質疑が不要にあったり、ひどいときにはその報告の根拠資料を求められていたりします。しかし、日頃から信頼がある人が報告書を提出すると、特に問題なく受理されたりします。お客様や上司は、受けた報告を受理することが自分がその報告を認める、すなわち自分もその資料に対して責任をもつことになります。そんなとき、日頃から仕事を雑にやっていたり、いい加減な報告をしてくる人(信頼のおけない人)から報告を受けたらその報告内容は本当に正しいのかといろいろと確認せねば、自分がその報告内容に対して責任をもつなんてことはできないと思いませんか。信頼関係があるから、そういった細かい説明や根拠資料の提出をしなくていいのかといったらそうではありませんが、信頼のない人と信頼のある人とでは、人を説得するためにかかる稼働が全然違うということなんです。

人との信頼関係を構築するためにはどうしたらいいのか 人との信頼関係を構築するということは仕事をする上でとても大切なことなんですということはよく感じているんですが、ではどうしたら信頼関係を構築していくことができるのでしょうか。もちろん仕事で成功するとか、日頃から細かい仕事まで目にかけてきっちりやる。そんなことは当たりまえなんですが、、、個人的に言ってしまうと、そんな全部が全部細々と仕事していたら仕事が進みません。特にマネジメントするといった場合には、自分ひとりでささいな仕事にまで気をまわすことはできません。

だからやらなくていいのかというわけではなく、そういった仕事は人にまわします。でも、何でもかんでも人に回していたら自分自信の信頼は全然あがりません。では、どうしたらいいか。私が気をつけていることは・絶対間違ってはいけない仕事を見極め、確実に遂行する。・この人からの信頼を得ることができたら結果的に他の人の信頼を得ることができるという人を見極め、その人からの信頼をしっかりと得ること。これが、とても近道だと思います。キーパーソンを見極め、その人からの仕事をしっかりとこなし、その人から信頼関係を得る。これですね。

業務知識をつける 【2014年5月8日(水)】

口出しする上司と任せて信頼してくれる上司どちらがいいですか?私の上司は基本的に放任主義で、あまり干渉してこない人間が多かったのですが、新しく5月から着任した上司が結構干渉してくる人なんです。ある意味だと干渉してくる=自分が責任を持つという意味なので、楽な面もあるんですが、いちいち話しに口をはさんでくるので、何かと面倒なこともあります。自分の責任のはんちゅうでできる仕事についても、ああだこうだと口を出してくるので、正直、仕事進み方は宜しくないかなと思います。ただ、その分、上司の説明するために、ひとつひとつ丁寧にロジックだてていくことになるので、わりかし、意味があったりもするのかなと感じることもあります。 とはいえ、なんとなくストレスがたまりやすくなるような気がしてならない今日この頃です。

業務知識をつける 【2014年5月6日(火)】

スキルにはビジネススキルのみならず、テクニカルなスキルもありますね。私は若いころどのようにテクニカルなスキルを身につけていったかというと、まず、知識という分野から手をつけていきました。システム的な話しではなく、お客様の業務内容、例えば会計の決算はどのように行われているのか。融資案件はどのように銀行からお客様へ融資され、どのように返済されていくのか、また、返済するときはどのうに返済し、返済記録をどう管理していくのか。はたまた、延滞した場合は、同様に損害金が発生しているのかなど。

なんだか自分はエンジニアになったのとは違うのかなともおもう部分もありますが、私の場合はそうしていました。どちらかというとシステム屋としてのスキルを身につけるよりもそういったスキルばかり気にしていたような気がしています。

正直に言ってしまうとあまりシステムエンジニアになるつもりもなく、システム?あまり興味ないなーというところから始まっているため、こうした成り立ちになったのかなと振り返ってみると思います。ただ、仕事柄要件定義などの上流工程に携わることが多いため、今となっては、方向的にはよかったのかなと思っています。言語がああだ、こうだというのは正直興味nothingでした笑。判定処理?if文?どうでもいいかなっていう感じでした。

私の紹介文

【私のプロフィール】

■会社  :某大手SIer ■最終学歴:東京六大学 ■職業  :SE ■社会人歴:7年

■恋人  :無     ■趣味  :ファッション、登山     ■年齢  :29歳